主婦の中には、家のことや、子育てなどやることが多いため、仕事をすることができないと考える人がいます。

しかし、主婦をしながら仕事をすることは、両立できないとは一概に言えません。

家事や育児を滞りなく行った上で、仕事もしようとしても、失敗するのではないかと不安に思う主婦もいるようです。

仕事をしている時に、子供の突発的なトラブルで呼び出される可能性はあります。

会社の中には、主婦でも仕事が続けやすいようにと、休みのとり方や働き方に融通がきく企業も増加してきています。

小さな子供がいることが理由で、求人応募をしても採用してもらえないということばかりではありません。

会社サイドでは、主婦が求人に応募してきた場合、子供がいるからという理由で不採用ということにはなりません。

会社が求めることを、滞りなく行ってくれる人であれば、そちらのほうを重視する企業がほとんどです。

自分に与えられている仕事を滞りなく行っている人なら、時には育児や介護で会社に来れない日があっても、回りの人は協力してくれるでしょう。

周囲の理解や協力あってのことですから、職場内の理解は当然のことという態度をとることは、失敗のもとです。

主婦と仕事を両立させるには、会社や身近な人の援助を求めるだけでなく、自分でもできることをやることです。

不可能だと決めつけるのではなく、どんな仕組みを利用し、どんな働き方をすれば主婦と仕事ができるかをよく考えることです。