大抵の企業では、採用決定に際して、まずは書類による選考をして、それから面接を行っています。

履歴書や、職務経歴書などで書類選考を受ける時には、書類を時間をかけて書くことができます。

しかし第二関門の面接は、修正が効かない一回限りの重要な場となります。

面接に挑戦できるのはその時一回切りですので、チャンスを逃がさずに準備を怠りなく行いましょう。

面接では採用担当者の方から様々な質問を受けますが、その中で必ず質問される内容は、志望動機と自己PRです。

面接を無事に突破するためには、まず、これらの質問にどう答えるかが鍵を握ります。

履歴書にも、自己PRや、志望動機がかける場所がありますが、文字数を絞らなければ書き切ることはできません。

履歴書に書いたことをベースにして、内容を膨らませて訴求力を高めることを意識して、面接の場で話せるようにしましょう。

志望動機は、その会社や職種を選んだ理由の説明に、具体的なエピソードを交えると説得力が増します。

面接時に自己PRをする時は、自分のいいところを過去の出来事と結びつけて話すと、イメージがしやすくなります。

面接は誰でも緊張するものですが、しっかり準備しておくことで、余裕をもって臨むことができるようになります。

有効な面接対策について知っておくためにも、面接に役立つ情報かまとめてある書籍や、ネットの就職支援サイトを活用するといいでしょう。