自動車ローンは、大きく分けて2種類があります。

1つは自動車を購入したディーラーの提携するローン、もう1つは金融機関のローンです。

自動車の販売業を営んでいるディーラーが、直接ローンの窓口になってくれることがあります。

ディーラーに勧められるとつい勢いで契約したくもなりますが、まずは貸付条件をチェックして、試算をしてから借りるかどうか決めましょう。

ディーラーを介して自動車ローンを利用した場合、金融会社から直接融資を受ける場合より高金利になることがありますので、契約前にチェックする必要があります。

自動車ローンは大口の融資になるため、ちょっとした金利差が大幅な利息の差になることがあります。

ただし、高金利の融資だったとしても、車検や法定点検を指定の店で行えば、料金が安くなる場合もあります。

以後、車検や整備の必要性が生じた時に、ディーラー指定店を使うとお安くなるという可能性もあります。

一方、金融機関の自動車ローンの中でも、期間を区切って金利を引き下げたり、借りやすくすることもあります。

自動車を購入するためにローンを組む場合、金利の低いところから借りられれば言うことはないですが、融資を受けたいと思っても営業時間に自由に行動できない人もいるようです。

インターネットからの申し込みなら、時間や場所を問わずに、いつ行うことも可能です。

このため、自動車ローンの検討をする時には、借りたローンの返済以外にも、車検や整備費用についても考えなければなりません。

どの金融機関から自動車ローンの融資を受けるかによって、得られるサービス内容や、支払う金額が大きく違いますので、いいものを探してください。